ショッピング枠とキャッシング枠の違いは?

クレジットカードには、2つの枠がついています。ショッピング枠は、通常のクレジットカードの機能です。すなわち、その枠の分だけ買い物ができるということです。枠がいっぱいになったら、それ以上は買い物ができないので、注意が必要です。例えば、ショッピング枠が30万円なら、30万円を超える買い物はできません。枠をすでに29万円まで利用していて、1万円を超える商品を買おうとしたときも、買い物ができないようになっています。

キャッシング枠は、クレジットカードについているおまけのように考えておくとよいかもしれません。銀行カードローン低金利ローンや大手消費者金融のカードローンと同じものです。1枚のカードにクレジットカードの機能とカードローンの機能が2つついていると考えるとよいでしょう。例えば、クレジットカードにキャッシング枠が50万円ついていたら、限度額50万円のカードローンを1枚持っているのと同じ効果があります。金利は高めなので、本格的にローンを組むなら銀行カードローンのほうがおすすめですが、一時的に少額のお金を借りるだけなら、クレジットカードのキャッシング枠を利用するのも悪くありません。

しかし、クレジットカードのキャッシング枠でしか目的を果たせないということもあります。その代表例が、海外でのキャッシングです。海外旅行に行ったときには、VISAやMasterCarといったブランドがついたカードなら、ショッピングはもちろん、キャッシングの利用もできます。国内の会社のカードローンは、海外では利用ができません。