弁護士費用と債務整理費用

債務整理を利用するには、いくつかの費用も発生します。
「これまで多額の借金に悩んできたのに、このうえ費用を支払うなんて……」と感じるかもしれませんが、一時期の負担で苦しみから逃れることができると考えるようにしましょう。
実際に債務整理にかかる費用とはどのようなものがあるのでしょうか。

主に弁護士に依頼した場合の費用には以下のものがあります。

○相談料

最近では「初回相談無料」という先も多くありますので活用するようにしましょう。

○着手金

弁護士に依頼した時点で発生する費用で、「1社(借入先)につき○○円」ずつかかります。
最近では着手金を請求しない弁護士も増えています。

○実費

交通費、切手代、裁判所への申立費用などです。

○報酬金

依頼した案件の成果報酬で、成功した場合に支払います。
うまくいかなかった場合には発生しません。

これらの費用は依頼する債務整理の種類や事務所などによりかなりの差があります。
ホームページなどで事前に必ず確認しておくようにしましょう。
ただ「安ければいい」というものでもありませんので、自分の状況に合った先を選ぶことが大切です。

一般的に弁護士よりも司法書士が、費用は安い傾向にあります。
しかし裁判になった場合には、裁判所が認定した司法書士(認定司法書士)しか裁判にはでられません。
また140万円を越える案件の場合には、司法書士は代理権を持つことができません。
債権者との交渉も行うことができませんので注意しましょう。